MENU
とあるの自己紹介はこちら!

有意義な時間の使い方 最高の1日にするには

2020 6/26
有意義な時間の使い方 最高の1日にするには

どうもとある男子高校生です!

今回は

  • 1日に充実感がない
  • だらだら過ごしてしまう
  • もっと効率よく時間を使いたい

こんな方に向けて記事を書きました!

外出ができないゴールデンウィーク。

家で過ごすことが多いと思います。

家の中だとどうしてもだらだらしてしまいますよね。

私もそうでしたが5/1の努力量はこれくらいです。

4月からはほとんどこれくらいの努力量を毎日しています。

というわけで今回は私が実践している時間を有意義に使うためのコツを紹介していきます!

それではいきましょう👍

目次

時間を有意義に使う5つのキーワード

時間を有意義に使うために覚えて欲しいことが5つあります。

  1. 自分の時給
  2. 作業が捗る時間帯
  3. 有意義な時間は何をしている時か
  4. 朝活をする
  5. シングルタスク

この5つを頭に入れといてください!

1つ1つ説明していきます!

1、自分の時給

自分の時給は把握してますよね!

私は高校生なのでだいたい時給1000円だとします。

 

だとすれば私は1時間に1000円以上の価値のある行動をする必要があります!

 

もしそれが出来ないならバイトしてる方がましです。

 

例えばゲームを1時間するとしますよね。

それって1000円以上の価値がありますか?

 

価値があると感じる人はいいです。

私は感じないのでゲームはしません。

 

逆に勉強1時間をするのは1000円以上の価値がありますか?

私はあると思います!

 

だから私は毎日3時間ほど勉強してます。

時給よりその行動が価値があるか考えてみましょう!

2、作業が捗る時間帯

作業によって捗る時間ってある程度決まっていますよね。

Twitterはユーザーが多いのは19:00-21:00

勉強が捗るのは人によりますが私は5:00-10:00

筋トレは17:00-18:00

ブログは13:00-15:00

などと言ったように私はどの作業がどの時間に捗るかを把握しています!

時間帯にあった作業をすることが1番のコツです!!

3、有意義な時間は何をしている時か

出来れば紙とペンを用意してください。真ん中に線を引いて左に有意義、右にそれ以外と書きましょう。

そして箇条書きにして書いていきましょう!

有意義       それ以外

・ギター      ・ネットサーフィン

・ブログ      ・ゲーム

・勉強

・運動

こんな感じで自分は何をしている時に有意義と感じるかを書き出しましょう!

そしてその有意義な時間を増やしそれ以外の時間を減らす努力をしましょう!

4、朝活をする

朝活は本当におすすめです!

理由は朝の方が生産性が高いからです!

私は毎朝5時に起きてます!

なぜなら朝が1番集中できるからです!

夜は疲れていて集中力が無いので私はTwitterやマンガ、本を読んでます!

朝活をしたら確実に人生が変わります!

明日30分早く起きて見ましょう!

https://toaru-life.jp/2020-04-06-075240/ https://toaru-life.jp/2020-04-08-080847/

私のモーニングルーティンとナイトルーティンです!

良かったら見てみてください!

5、シングルタスクをする

最後はシングルタスクをするです!

シングルタスクとはその名の通り1つの作業に集中することです!

シングルタスクの対義語にマルチタスクがあります。マルチタスクはかなり生産性を下げることで有名です!

マルチタスクの具体的をあげると

  • 音楽聴きながら勉強
  • 本読みながら携帯見る
  • Twitterしてるのに通知来たからLINEみる

などです。特に最後の通知には気をつけましょう。

通知により集中力が途切れるので全てのアプリの通知を私はオフにしてます!

2年ほどそうしてますが特に困ることはありません。

マルチタスクがいい場合もあります。

例えば、

  • 走りながら音楽
  • 歯磨きしながら髪を乾かす

など集中しない行動の組み合わせはいいと私は考えています!

シングルタスクを心がけ生産性をあげましょう!

終わりに

最後まで読んでいただきありがとうございました!

少しお役に立てれば良かったです!

有意義なゴールデンウィークを過ごしましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

とある男子高校生です!
多趣味に毎日充実して生きてます!
有益な情報を毎日更新していきます!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる