【行動術】主体的に行動する〜人生の主導権を握る行動術

どうもとあるです!

今回は「主体的に生きる」というのをテーマに話していきます!

 

皆さん受け身になってませんか?

 

SNSの通知やテレビ、youtubeなどにより受け身に生きてる人多いのではないでしょうか?

 

もっと主体的に生きたくないですか?

 

他人の人生でなく自分の人生の主導権を握るための行動術を紹介していきます!

 

目次

主体的な人とは?

では主体的な人とはどんな人でしょうか?

主体的な人とは

  • 自分の価値観基づき行動する人
  • 問題をコントロールできる人
  • インサイドアウトの法則を実践してる人
  • 人生の主導権を握っている人

のことだと私は思っています。

 

主体的な人に近づくために1つ1つ説明していきます!

 

自分の価値観に基づき行動する

自分の価値観に基づき行動してますか?と聞かれてもピンとこない人が多いと思います。

 

自分の価値観に基づき行動するというのは自分で選択×決定することをさします。

 

自分の価値観に基づき行動してる人は環境や他人に関わらず自分の人生を生きることができます!

 

主体的な人は質の高い仕事をするという価値観を持っていれば、天候に左右され気分が落ち込むようなことはありません。

 

逆に反応的な人はその時々の感情や状況、条件づけ、自分を取り巻く環境に影響受けます。

 

主体的な人になるためには自分の価値観に基づき、選択、行動することを心がけることが大切です!

 

嫌なこと、やりたくないことにはNoといいましょう!

問題をコントロールする

私たちが直面する問題は次の3つです

  1. 直接コントロールできる問題(自分の行動)
  2. 間接的にコントロールできる問題(他社の行動)
  3. コントロールできない問題(過去、動かせない事実)

この3種類に当てはまります!

 

直接コントロールできる問題(遅刻癖など)これらは自分の習慣を変えることでコントロールできます!

 

間接的にコントロールできる問題(友達の遅刻癖など)は影響を及ぼす方法を考えることで解決できる。

 

友達が遅刻癖を持っているなら自分がお手本となる、説得する、家まで迎えに行く、など影響を及ぼすことで解決できます!

 

コントロールできない問題(明日の天気など)は自分の態度を変えることで解決できる。

 

翌日キャンプの予定だが雨が降りそうだ。このような場合プランBとして屋内ですることも考えておく自分の態度を変えることで解決できる!

 

これら3つの共通点は自分から働きかけているという点だ

問題をコントロールできるようになれば主体性をかなり見つけたことになります!

 

インサイドアウトの法則

インサイドアウトの法則は自分自身が変わる、自分の内面にあるものを変えることで、外にあるものをよくしていくという考え方だ。

 

主体的な人は自分の行動しだいで、もっと才能豊かになれる、もっと勤勉になれる、もっとクリエイティブになれると考えています。

 

つまり成長マインドセットを持っているということです!

 

自分の行動、努力しだいで人生を変えることができます!

 

人生の主導権を握る

自分の人生の主導権を握るための方法は主に2つある

 

1つは何かを約束してそれを守ること

もう1つは目標を立て、それを達成するために努力すること

 

これら2つを行うことで自制心や責任感、自尊心を得ることができる

 

目標を立ててない人は今すぐ今週1週間の目標を立てましょう!

https://toaru-life.jp/target-environment/

 

今回参考にした本

今回参考にしたのは7つの習慣の第1の習慣「主体的である」です!

 

キングオブ自己啓発と呼ばれるだけありとても学べることが多く第1の習慣だけでこんなに学ぶことがありました! 

 

第2章以降も今後まとめていきます!

まとめ

今日のまとめは「主体的であれ」ということです!

 

主体的に生きることで自分の人生の主導権を握れます!

 

是非今日述べたアクションを実践してみてくださいね!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

とある男子高校生です!
多趣味に毎日充実して生きてます!
高校生が日常的にインプットしたものを噛み砕いてアウトプットしている高校生の思考日記です!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる